レスベラトロールと認知症

ポリフェノールはワインなどに含まれていて、体に良い影響を与えてくれる成分ですが、その一種にレスベラトロールという成分もあり、このレスベラトロールが認知症に有効ともいわれています。

 

マウスの実験でそのことが分かったのですが、人間で実験したときには、高血圧の方に投与したところ、血管が広がり、それによって動脈硬化になるリスクを防いでくれる効果があるほか、血液の流れが良くなったことで、認知症にも有効なのではということがいわれています。

 

高血圧の患者以外でも、健康な方にもレスベラトロールを服用させたところ、同じような効果が得られたことがわかりました。

 

また、血液の流れが良くなるということは脳の血液の流れも良くなり、脳の機能も活性化するということにつながります。

 

そのレスベラトロールですが、赤ワインにたくさん入っている成分で、1本の赤ワインには少ししか入っていませんが、赤ワインを日頃から飲んでいる方とあまり飲まない方とでは体へ影響は大きく異なっているみたいです。

 

赤ワインを飲む地域であるフランスのボルドー地方に住む65歳以上の方に対して行った調査では、ワインを250ミリリットル以上継続して飲んだ方の認知症の発症率が、飲まなかった方の25%ほどだったという報告がされています。

 

250ミリリットルに入っているレスベラトロールはすごく少ないので、そのような量でも十分に効果があることから、レスベラトロールのすごさがあることが分かるでしょう。

 

調査結果でレスベラトロールのすごさが証明されているため、レスベラトロールを摂取することで、認知症の予防に役立つということが分かるでしょう。

レスベラトロール

おすすめサプリ一覧

その他

最新記事