脱水症状と下痢や便秘の関連性について

脱水症状と便というのは、全然関連性がないと思っている人もいるかも知れませんが、じつは深い関わり合いを持っています。

 

今回は下痢や便秘などの症状と脱水症状についてお話をしていきます。排便を3日以上していない状態になったり、便が固まってしまって排便をすることが難しくなっていることを便秘と言います。

 

脱水症になってしまっていて、腸内に十分に水分が足りていないと、便にも水分を与えることができなくなってしまい、便秘になってしまうということもあります。ですから、便秘も脱水症の症状の一つと言えるでしょう。

 

便秘になっていると思ったり、肌が乾燥する、喉がとても乾くといった症状があるのであれば、脱水症になっている可能性も考えたほうがいいでしょう。

 

便秘とは反対に柔らかく、水分がかなり多い便になっていることを下痢と言います。下痢になっているということは、腸の中の水分がかなり残っている状態になっていて、便にかなりの水分が含まれてしまっているということになります。

 

下痢になると、それだけ便と一緒に水分も輩出されることになりますから、脱水症を引き起こしてしまうということだってあります。ですから、しばらく下痢の状態になっているのであれば、こまめに水分補給をしましょう。

レスベラトロール

おすすめサプリ一覧

その他

最新記事