長寿遺伝子とは

人間誰しも、早く死ぬよりは長く生きたいと思うことでしょう。

 

昔から人は、長生きする方法を見つけてきましたが、なかなか見つけることはできませんでした。

 

しかし最近になって、長生きをすることができるかもしれない方法が見つかってきました。

 

それは、長生きに関係する遺伝子が見つかったことに関係します。

 

長生きに関係する遺伝子のことを、『サーチュイン遺伝子』と言ったり、『長寿遺伝子』と言ったりします。

 

この長寿遺伝子は、私たちの体の中に誰でも持っているものですが、通常は活動していません。

 

その長寿遺伝子の活動を開始させることで、長生きをすることができるかもしれないというわけです。

 

体が老化してしまうのは、ミトコンドリアという物質の活動が弱まったり、免疫細胞が過剰に反応したりすることだといわれています。

 

ミトコンドリアの数が多くあり、活動している状態の方の場合、体を若い状態に維持することが可能です。

 

しかし、ミトコンドリアが老化してしまうと、活性酸素という、体を老化させてしまう物質をたくさん作ってしまって、体のあらゆる部分が損傷を受けます。

 

また、免疫細胞が老化してしまうと、過剰に反応してしまい、体に悪影響を与える物質を攻撃する以外にも、健康な細胞までも攻撃してしまいます。

 

そのなかでも、特に血管の中にある細胞に攻撃をするため、動脈硬化を引き起こすリスクを高めてしまいます。

 

ですが、長寿遺伝子の活動を開始させることで、ミトコンドリアは、活性酸素が作られないような物質を分泌します。

 

そのために必要なことは、カロリーをあまり摂取しないことです。

 

カロリーをあまり摂らないようにすることで、長寿遺伝子の活動が開始され、サーチュイン酵素というものを分泌します。

 

このサーチュイン酵素は、ミトコンドリアや免疫細胞など、100種類以上の老化を引き起こす原因を抑制する作用をしてくれます。

レスベラトロール

おすすめサプリ一覧

その他

最新記事