どうやったら関節痛の予防ができるの?

関節痛でも、脚関節痛や膝関節痛、股関節痛など、色々な種類があります。この中で悩んでいる人が多いのは膝関節痛ではないでしょうか?

 

膝関節痛の原因というのは様々です。病気が原因で膝関節痛になっている場合もありますし、老化が原因である場合もあります。この他にも、肥満やO脚、運動などが原因になってしまうこともあります。

 

膝関節痛の痛みがどれくらい強いかというのは、その人のひざの状態や進行度によって異なります。初期なのであれば、膝を動かした時に、膝に違和感を感じたり、膝が張っているような感じになります。特に痛みがないわけですから、放置してしまうという人も多いのです。

 

ですが、この初期状態で適切な予防法をしておくことによって、症状を進行させにくくしていくことも可能になっています。

 

では、関節痛の予防としてどのようなことをするべきなのでしょうか?

 

関節痛というのは、普段の生活に痛みの原因があるということも多いです。少しでも関節に負担をかけないように普段から生活をしていくことで、関節痛予防をしていくことができるのです。

 

例えばダイエットをして体重を減らしたり、体を温めるようにする、サポーターを付けて関節への負担を軽減させる、正座をしないようにして椅子に座るように習慣づけるなどといったことをするだけでも、十分に予防をしていくことは可能なのです。

 

予防をしなかったら、関節痛が進行してしまって、最終的には立ち上がる明けでも苦労してしまうことになりかねません。ですから、初期段階で関節痛の予防をしていくべきなのです。

 

今、将来の関節痛対策としてロコモ予防が注目されてます

 

ロコモは運動機能低下のことを言います。これが酷くなると介護が必要となるため今ロコモにならないように予防することを推奨されてます。

 

最近はロコモ予防専用のサプリメントも登場してますのでチェックすると良いでしょう。

レスベラトロール

おすすめサプリ一覧

その他

最新記事